紺野うみの神社と書くこと、生きること

心理学系ライターによる、神社と書くことなど、趣味全開ブログです☆

その場所での役割

 

こんばんは、紺野うみです!

 

フリーのライターとして活動している私なので、最近「書く」だけでなく、さまざまなお仕事に携わらせていただくようになってきました。

本当に、お声がけいただけるだけで、ありがたいことです。

 

どれもこれも、自分の持っている能力で役立てそうだなっていうことであったり、楽しくてイキイキ働けることをお手伝いさせていただいています。

ライターとしてのお仕事以外に、接客なんかが好きですね、私の場合は(笑)

 

この時に、自分がそこで本当に役立てるかどうかっていうのは、自分にとっても相手にとっても大切なことだと思います。

仕事をする側は、相手に「任せてよかった」って思ってほしいし、仕事を依頼した側も仕事をする側に「任せてもらえてよかった」って思ってほしいものですよね。

どちらにとっても幸せ☆

 

仕事では特に、ここが「自分の能力を活かせる場所かどうか」というのを丁寧に考えておくと、それがハードな「仕事」であっても、やりがいや幸せを実感できると思います。

自分の力と、そこで求められる役割というのが、上手にマッチすると、お互いが良い状態になれるので理想ですよね!

 

それを掴むのにも、私の場合は「住人」を使った考え方を活用したりしています(笑)

 

たとえば、ライター職では当然、基本ヒロさんに全面おまかせしてます。

接客業なら、リンさん×委員長×アニキの外交トリオが混ざり合って対応。

かと思えば、なにか黙々と作業したり掃除をするような時は、無心で作業するのが好きなまもるくんが出てきますし。

 

それは、その場所で求められていることを考えながら、自分の方をカメレオンのように変化させることでものすごく円滑になるんです。

だからこそ、自分がどんな役割を担えるかということを知っておくと、本当に都合がいい!

私にしてみたら、すっかり慣れ親しんだ「住人」たちですから、人格としてイメージもしやすいので変わり身が楽です(笑)

 

ああ、どうやったら皆さんにも、こうやって自分の住人を見つけだしてもらえるだろう……?

いつも、そんなことばかり考えているのですが、やっぱりオリジナルで0から考えていることなので、共有できるように形式化するのがものすごく難しいなと思ったり。

生みの苦しみ!!

……でも、めちゃめちゃやりがいはありますね(笑)

もう、コツコツと進めていくっきゃないなと思います!

 

小説も書きたいですし、心理学も続けて書いていきたい……。

まだまだ勉強しなきゃいけないことも多いなと感じる今日この頃ですが、なんでも続けていくには楽しまないとね!

 

さーて、今世の人生を通じて、私はどんなことを成し遂げられるかな?

生かされているうちは、この世でやるべきことがあるってことだもんね!

どんなことも、明るく元気に励もうと思います☆

 

仕事の価値

 

こんばんは、紺野うみです。

 

先日、以前お手伝いさせていただいたお仕事の方からご連絡がありました。

それがありがたいことに、「また手伝ってくれないか」というお声がけだったんです。

 

私、いつも思うんですけど、これが何よりも嬉しいです。

本当に、心から幸せだなって思う。

 

仕事の価値って、人から「求められるかどうか」だと感じていて。

なんでもそうなんでしょうけど、仕事っていうのは特にお金をいただくわけですから、いわば自分の存在で人を幸せにするようでなくてはいけないなと。

どうしても人間って、自分のやることなすことが「独りよがり」になってしまいがちだと思いませんか?

私も未熟なんでよく反省するんですけど、自分視点になってしまうんです。

油断するとすぐに!笑

でも、こと「仕事」については特に「独りよがり」ではいけないと、そう強く念じている部分があります。

 

私は一度自分で道を定め直してからは、なおさら人や世の中の「役に立ちたい」って思うようになりました。

でも、それは「自分にできること」であって、等身大の自分が人に貢献できることであればいいんです。

どんなことでも。

無理して背伸びしたり、自分を偽ったり飾ってまでやることではないのですけど。

それをすると自分が苦しいので、人のことまで考える余裕がなくなって、人に幸せをあげるどころじゃなくなっちゃうんですよね……。

 

でもどんな形であれ、「世のため」「人のため」に頑張ることは、巡り巡って「自分のため」にもなっているんだって気がついたので。

 

だって、「あなたの働きがよかった」とか「あなたの仕事ぶりが好きです」と仰っていただけることって、それだけでとても幸せなことじゃないですか。

 

そんなお声をいただいた時は、「答え合わせ」をしてもらえたような気持ちになるんです。

「あぁ、よかった、喜んでいただけたんだなぁ」と。

 

自分の存在が、そして仕事が、周りの人に喜ばれたからこそ「またお願いします」ってなる。

だから、そうやって認めてくださったり、またお仕事を任せてくださる「リピーター」にあたる方々って、どんな業種であっても本当に大切にするべきだと思います。

 

これからも、どんなお仕事だって、ご縁をいただいたら一生懸命やりたいです。

「求められる」もの、そしてできれば「それ以上」をお返しできるように。

 

それには、まだまだ修行が要りますけどね(笑)

うん、しっかり頑張ろう!

 

 

 

自分と向き合う時間、場所

 

 

こんにちは、紺野うみです。

今日もきれいなお天気ですね☆

冬晴れの、太陽のポカポカが好きだー!笑

 

さてさて、私が心理学に興味を持ってから、よく考えるようになったことがあります。

それが、「自分と向き合う」ことの大切さ。

 

たぶん、現代を生きる人の多くは、あまりに忙しなくて「ぼんやりとただ考える」っていうことをしていないんじゃないかな、と思うんです。

 

たとえば、電車に乗っててもついついスマホに手がのびてしまうじゃないですか(笑)

なにもしないで、ただぼんやりと考える時間が、なかなか取れないんですよ、本当に!

 

世の中自体が、そういう仕組みになっちゃっているようなところがあると思うので……。

自分のことについて、冷静に振り返ってみるだとか、今後のことを考えてみるということは、時々あえて意識してやってみるといいのではないでしょうか?

 

絡まりやすい気持ちも整理整頓できますし、「よしっ!」って心機一転できますからね。

 

ちなみに、それをやる場所も、心からリラックスできるところがいいと思いますよ!

私の場合は、言わずもがな神社だとか自然の中ですね(笑)

 

やっぱり自分のことって、日常を一生懸命生きてると、あえて「よし、今日は自分について考えてみよう」とかなかなか思わないですよね。

でも、だからこそ必要なんです。

想いも考えも感情も、まずは把握するところから。

一日一日を大切に生きるために、ぜひぜひ、自分についてあれこれ考えてみてください♪

 

そして、できればポジティブに締められるといいですね☆

明日も頑張ろう!    ……みたいに。

 

 

 

学校では教わらないこと

 

こんばんは、紺野うみです。

 

今年も、新年からいろいろなことがスタートして(っていうかさせてしまって。笑)、なにやらバタバタと新たな動きが起きているという実感がすごいです。

 

ただ、気をつけなくてはいけないのは、こういう時こそ一歩ずつ丁寧に、っていうことですね。

ついつい、なんでも中途半端になりがちなところだと思うんです。

しかも私のような、しつこいほどの「こだわり」と脱力系の「適当さ」が、リアルに共存している人間は!(苦笑)

 

それでね、2018年からの新しい世界を垣間見ながら、特に実感してしまったこと……。

それが、「学校で教わっていないけど、知っているといないとでは全然世界が違うな」っていう部分の「教養?」みたいなものが、いかに人間の中身を分厚くするかってことなんです。

 

「教養」って、もちろん学校の教科書に出ているようなこともそうなんですけど……。

育ってきた環境や身を置いていた世界によって、年月をかけて確立されてきた部分っていうのが、人にはやっぱりあるんだなぁって思って。

つまり、それは学校で教わっていないので、学力とかではなくたぶん人との違いが顕著に出るところの「教養」っていうものだと思うんですよね。

 

人間の魅力って、一言で言い表せないとしても、いろんな要素があるはずなんです。

思いやりとか、人の心の部分に関する温かさっていうのは、「人間性」という枠のようなところに分類されると思うのですが……。

 

品格とか誇り・礼節のような部分は、非常に日本人らしいものでありながら、確実に時代とともに薄れつつあるなぁと。

そういうものを自然と染み込ませている方っていうのは、「素敵だな」って感じるんですよね。

言動が、薄っぺらくない。

「なんでこうするんですか?」って尋ねると、きちんと答えが返ってくるような、理由と考えの裏付けがある行動をされているので、すごいと思うんです。

「なんとなく」とか、そういうのがあまりないんですよね。

 

私はここ数日でそれらを目の当たりにして、「あ、自分はまだまだ恥ずかしい人間だな」と痛感しました(笑)

そういう時は、恥ずかしさを感じつつも、同じ時間や空間を共にして「教科書にない学び」を積み重ねるより他ないのだろうと思います。

 

そういった理由もあり、いろんな世界を覗くことって本当に大切だなぁ……と。

ラッキーなのは、それに気づかせてもらったことなので、もうとことん謙虚にいきます!笑

 

もうね、本当に、なんでもいいんで(笑)皆さん私にいろいろ教えてください!

お願いします!!

 

 

氏神様にご挨拶

 

こんばんは、紺野うみです!

 

今日は、ちょっと順番が逆になってしまっていたのですが、氏神様へ新年のご挨拶へ!

今年はもう既に3ヶ所くらいは別の神社にご挨拶しているので、「遅くなりました!」とお詫びかねがね参拝してまいりました。

 

神社に着いたら、いきなり目に入った看板に「初詣は氏神様から」って書いてあって「あっ、すみませんホントすみません……(>_<)」ってなりました(笑)

怒られてしもた……。

 

でも今日くらいになると、うちの氏神様のお社は比較的静かにゆったり参拝できるので、とてもありがたいです。

初詣の長蛇の列が、やっぱり時間制限ある気分ですごく苦手で。

私の場合は、結構「ゆっくりお詣りできるかどうか」が重要でして(笑)

 

なんとなく後ろに並んでる人からの圧を感じたりとか、周りでがやがや喋っているのが聞こえていると、お祈りの途中で何を伝えてたか見失って混乱する、不器用な私です。

集中力が足りないのかも(苦笑)

 

私も昨年一年で、だいぶ神様について改めて知ることが多かったので、僭越ながら「氏神様」についても簡単にご説明させていただきましょう。

 

氏神様」というのは、その地域やそこに住んでいる人を守ってくださる神様のことを指します。

その神様をお祀りしているのが「氏社」。

 

その土地で生活や仕事をする人は、みんなその神様の土地にお世話になり、さまざまな恩恵にあずかっているわけですね。

日本全国に神社は山のようにありますから、日本にお住まいの方であればどなたにも「氏神様」がいらっしゃるはずです。

わからないという方も、「●●市××町    氏神様」なんかで検索すると出てきますかね?

 

初詣って、ついつい希望・願望の訴えが優先になりがちですが、まずは「今年一年も、お世話になります」というところから伝えられたらいいですね。

お願い事は、そのあとに(笑)

 

どこで暮らしていても、この土地に住まわせていただいてるとか、この地域を守っていただいているとか、そういう意識は忘れちゃいけないと思うんです。

でないと人間は、「別に自分が困らなきゃいいや」で、身勝手なことをやり出しかねません……。

(たとえば、ポイ捨てなんかも、その一端かなぁと)

 

 

もう少しだけ踏み込んだ話(?)をすると……。

 

神社っていうのは、まず「天照大神(あまてらすおおみかみ)」様をお祀りする「伊勢神宮」が別格なんです。

これは、天照様が日本の「総氏神様」にあたる太陽の神様なので、日本に住む限り絶対的に大切な存在だというわけなんですね。

 

そして、次いで大切なのがそれぞれの人にとっての「氏神様」です。

生活の基盤となる地域を守っていただいているわけですから、それに対する感謝は忘れてはいけません。

 

この絶対的な順序と言うのは、神棚にお祀りするお札なんかでも同じです。

私もお正月に行った巫女のご奉仕で、よくお札のお祀りの仕方をご質問いただきました。

 

神棚をお祀りする場合、「天照大神」様のお札は、基本マストです。

次いで「氏神様」のお札。

そして、崇敬する他の神社のお札、という順序に手前から並べる形になります。

 

3体並べてお祀りできる神棚の場合は、中央が「天照大神」様のお札。

向かって右に「氏神様」のお札。

左に崇敬する神社のお札。

 

こういうことって、学校で教わるわけでもないので、知らない方も多いです。

かくいう私も、きちんと知ったのは自分で興味を持ってからですから……。

 

さらに、仏壇はあっても神棚はないよ、という方も多いと思います。

その場合でも、せめてご自分の「氏神様」をお祀りしている「氏社」を知り、初詣の機会に「いつもお世話になっております」というご挨拶くらいはできるといいですね。

 

それは、たとえば自分の勤める会社に「いつもお世話になっております」と言うことと同じ……というよりも、それよりもっと根本の心構えだと思うので。

 

そういうことから大切にできたら、自然と毎日いろんなことに感謝できるようになる、という気がしています。

 

 

大好きな場所で働くということ

 

こんばんは、紺野うみです!

 

いつもいつも神社に行きたい私ですが、その思い余って(笑)とある神社で数日巫女のアルバイトをさせていただいております。

 

まさか自分が巫女をやる日が来るとは、夢にも思っていませんでした……!笑

 

 

というわけで、初々しくて可愛らしい学生さんに混ざって、2018年は神社で年越しをした紺野です☆笑

 

そしてなんというか……、本当に幸せでした(笑)

 

大好きな神社で、神様のお傍でお仕事ができるって、とても贅沢でいいなぁと思って。

 

それなりの寒さでしたが、ぜんぜん苦ではなく。

(もちろんしっかり防寒しましたし。笑)

久々の接客も楽しくて、朝日が昇るまでお札やお守りに囲まれて過ごしました!

 

 

それでね。

こうして考えてみると、大好きな場所で仕事ができるって、それだけでかなり幸福度が高いです。

 

何事もモチベーションって大事だと思いますが、お仕事できることに「喜び」がセットになると、自然と「おっし頑張るぞ!」って気合も入ります!

 

逆に、仕事をする場所をいかにして「大好きな場所」にできるかって、重要なことなのかも……なんてことを考えました。

 

その「大好き」の判断基準は、仕事内容に誇りを持てるかどうかとか、一緒に働く人が好きかどうかとかでもいいですし……。

 

逆の発想で、デスクを超自分らしく整えたりして、幸せな気分で仕事できる環境にしちゃうっていうのも、「大好きな場所」にする一つの工夫かもしれません。

(周りに迷惑をかけない程度にですよ?笑)

 

とにかく仕事っていうのは、決して楽しいばかりだったり、楽なものばかりだったりするものじゃありませんよね。

時には辛いなぁとか、大変だなぁとか、そういった状況があるものだと思います。

 

でも、そういう時だって、そこがなんらかの理由で「大好きな場所」なら、人間頑張りが効くというもの!

 

私の普段の仕事場はパソコンの前ですが、そのデスクには大好きな植物とかを置いたり、アロマオイル常備していたり、いつでもリフレッシュできるようにやってます☆

 

自由にさせてもらえて感謝(笑)

 

そして昼休みに神社に出掛けたり、今回みたいに神社でご奉仕させていただいちゃったりすれば、もう人生それだけでかなり幸せ。

 

 

神社の内側の人間として過ごすというのは、もちろん責任も大きいです。

 

あくまでも「神様」にお仕えするのがおつとめなのですから。

 

神社の印象をよくするも悪くするも、そこにいる人間次第なのです。

 

昨年末には富岡八幡宮で痛ましい事件がありましたが、一番やってはいけないのは、神様に仕える人間が、神様やその神社の顔に泥を塗るようなことだと思います。

そんなことをするくらいなら、せめて先に神様のそばにいることやお仕えするのをやめて、ただの人になってからにしてほしかった……、と考えずにはいられません。

 

人間は、自分のためだけの欲に翻弄されるとどこまでも愚かなことをしてしまうのですね……。

 

まだ、私はあと数日ご奉仕させていただきますので、気を引き締めて、でもめちゃめちゃに楽しみながら(笑)頑張ろうと思います!

 

 

心の整理をすべき時

 

こんばんは、紺野うみです!

 

いよいよ、明日から仕事だなー!

元気に頑張ります☆

 

さて、今日のつぶやき。

 

 

自分の中で気持ちを確認したり、前を向いて頑張るために、必ず必要な作業があります。

それが、「心の整理」だと私は思うんです。

 

人間って、確信を持って突き進めたり、「これで頑張ろう!」と決意して動けている時は、まだいいのです。

自分の気持ちに嘘がないので、真っ直ぐに走っていくことができますからね。

 

でも、本当に大切なのは「ちょっと考え直さなきゃいけないのかな……」とか「これでいいのかな?」と、わずかでも迷いや戸惑いが生じた時なのではないでしょうか。

 

もやもやしたまま進むのは、自分が持っている力も十分に発揮できません。

そして、自分で納得して進める状態にした方が、絶対に後悔もないものです。

 

私の場合は、なんでも「意味」や「理由」を探す癖がついてきているので、やっぱり葛藤が生まれた時は、それを見つけるプロセスをやってみなくてはと思っているところです。

 

まぁ、自分自身の心と対話してみたり、時に人の意見を聞いてみたりしながら、そういうものの答えは焦らずに見つけていかなくてはいけないなと……。

 

自分でこうしていきたいな……と思い描いていたことも、もちろんそうならないことは当然あります。

それが、人生ですから(笑)

だったら、それに落ち込んでる暇があったら、①整理して、②意味を見つけて、③前向きに進む、っていうその手順を踏まないとね!

 

人生の全てには「意味」や「理由」があります。

その時は自分の思うとおりにいかなくてがっかりしたとしても、後で振り返れば絶対に「ああ、こうだからこの時こうだったんだね!」って分かる日が来るんですよね。笑

 

少なくとも、私自身の人生は、振り返ると大体「そうなるべき理由」がありました。

 

だから、ちょっとずつ心を整理しながら、やっぱり丁寧に進んでいこうと思った新年です!

うーん、我ながら自己解決が上手くなったぞいっ(笑)

 

☆新・ブログのご案内☆

 

こんばんは、紺野うみです!

そして、2018年あけましておめでとうございます☆

 

こちらの記事更新は、大変ご無沙汰しております。

 

2017年は、さまざまな変化を体感した私でした。

正式にフリーライターへ転身し、神社に魅せられてはあちこち出掛けてさらに深みへ……。笑

 

そんなこんなで。

 

2017年10月からリリースしていた、心理学系《自己人格分析》のサイトである「https://www.6door-konnoumi.com/」内のブログでは、とにかく書きたいことをなんでもアリで書いていたんです(笑)

 

心理学に限らず、神社の記事だったり、体験したちょっとスピリチュアルなことなんかも!

 

それを、2018年の始まりと共に、ちゃんと「心理学関連の記事」のみにまとめて整理しようと思いまして……!(やっと?笑)

そして、閉鎖予定だったこちらのはてなブログリユース☆(笑)して、こっちに自由な記事をやっていこうかなという、ことの次第です。

 

ということで、こちらではもう私の人となりすべてを、ぱぱーんとさらけ出す感じになるかと思います!

とにかく書きたいものを、自由に書きます、こっちで(笑)

 

もし心理学系がお好きな方は、向こうのサイトだけ見守ってくださいませ。

逆に、神社系(?)などがお好みでしたら、こちらをどうぞ!

 

ご意見・ご感想は、どちらからも随時受け付けております!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします☆

 

 

心理学《自己人格分析》サイト

https://www.6door-konnoumi.com/

紺野うみ雑記ブログ

http://in-my-heart-6door.hatenablog.com/

★旧・ブログのご案内★

 

 

 

はじめまして、紺野うみと申します。

2016年6月から、自らの経験と学習を基軸に自己分析」について、情報発信のブログを始めました。

分野で言えば「心理学」の一種になるのですが、人が自分らしく、かつ前向きに生きていくためには何が必要かを、難しくなりすぎないように気をつけながら、独自の世界観で書いていこうと思っています。

 

私は現時点で、心理学に関してはまったくの素人です。

その分野に漠然とした興味はありながらも、きちんと学問として学んだことはありません。

にも関わらず、偉そうに心理学ーー主に「自己分析」の分野について、情報発信を目的としたブログを始めようと思い至ったのは、自らの経験をもとに、多くの気づきがあったからなのです。

私の気づきのきっかけとなったのは、「自我状態療法」という心理アセスメント(客観的に自己心理を見つめる作業)なのですが、面白くて独自に掘り下げ続けた結果、完全に自己流である意味「奇抜?」な内容になっています。

きちんとした裏付けもなにもない内容ではありますが、私がこの自己分析を使って非常に楽に、楽しく日々を過ごすことができているので、この場で少しずつご紹介できればと思っています。

そして、是非多くの方に試していただき、わずかでもその方のより良い人生の助けになれば、これほど幸せなことはありません。

 

また、よろしければ未熟な私へ、どんどんご意見ご感想をいただければ嬉しいです。

【 連絡先はこちら → 6door.konnoumi@gmail.com

自己分析にとどまらず、自分の心のことでお悩みのことがあれば、お声をください。

私にできる範囲のお答えにはなりますが、お悩みに関してなにかお手伝いできることがあれば、ブログを通じて精一杯させていただきます。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【ブログの読み方】

このブログは、基本的に、第01回から順を追ってお読みいただくことをお勧めしています。

それは、まず手始めに私、紺野の経験を大まかな時系列でご紹介しているからです。

心理学とはまったく無縁だった私が、いかにして自分の心について考え、分析するようになったか…。

そして、やがて至った大切な持論を、皆様にも共有できればと思い書き進めています。

下記に大まかな内容をご紹介しますので、興味のある方はぜひ、第01回から読み進めてみてください。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【まえがき】

人は誰でも、いくつかの顔を持っています。

「顔」というのはつまり、「キャラクター(個性)」のこと。

誰にでも、少なからず実感はあるのではないでしょうか?

たとえば家族の前の自分と、友だちといる時の自分、教師や上司と相対した時の自分…。

人によって程度の違いはあれど、すべて同じ立ち居振舞いをすることはないでしょう。

当たり前のことのようですが、その時あなたは確実に、「キャラクターを使い分けて」いますよね。

一人の人間の中にいくつもの「キャラクター」がいて、私たちはいつも無意識のうちに、環境や目の前の相手、置かれた状況に合わせて「キャラクター」を巧みにコントロールしているのです。

ですがそれは、あくまでも無意識のうちに行われていることが多いもの。

そのため普段から、自らのその変化に明確な意識を向けることは少ないことでしょう。

しかし、本当に自分の心を客観的に見つめたいのだとしたら、その「使い分け」の部分にこそ、大きなヒントが隠されているのです!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

私の中に、どんな人がいるんだろう?

まずは、その問いかけから始めてください。

この自己分析のスタート地点は、そこなのです。

自分の中のいくつかの要素を、客観的に捉えるために。

自分の心の動きの特性を「ひとつのキャラクター」として抽出し、人格のあるひとりの人間としてイメージしてみる、というのはどうでしょう。

大胆でバカバカしい話かもしれませんが、自分の心の中に住んでいる「住人」がいると捉えるのです!

「住人」が何人いようと、結局すべて自分自身の中にある要素なのですから、どれも大切にしていかなくてはなりません。

その存在をきちんと自覚し、受け入れることが必要になります。

手始めに、少しずつの気づきで構いませんので、自分の心の中の住人について、イメージしてみましょう!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

→ それでは、ちょっと不思議な心理学の世界。

  どうぞよろしくお願い致します!

 

紺野 うみ

 

 

ホームページリリース!

 

 

こんにちは!

いつもいろいろとお世話になり、ありがとうございます☆


実はこの度、私の心理学ブログ「私の中に誰がいる?」を、イラストつきのホームページとしてまとめ、10月1日よりリリースさせていただきました。


まだまだ読みづらい箇所や足りていない部分があり、少しずつコンテンツの充実を図っていきます。


時々覗いていただき、ぜひ思い思いに楽しんでいただければ嬉しいです。


なにかお気づきの点などございましたら、お気軽にお寄せいただければと存じます。


今後とも、紺野うみ をよろしくお願い申し上げます☺

 

https://www.6door-konnoumi.com/

 

なお、こちらのブログも、よい頃合いで閉鎖させていただく予定はキャンセルして、紺野の自由な記事用のブログに生まれ変わらせます。笑

 

どちらのサイトも、さらに内容や楽しさをパワーアップさせていきますので、これからも楽しみにしていてください♪