紺野うみの神社と書くこと、生きること

心理学系ライターによる、神社と書くことなど、趣味全開ブログです☆

大好きな場所で働くということ

 

こんばんは、紺野うみです!

 

いつもいつも神社に行きたい私ですが、その思い余って(笑)とある神社で数日巫女のアルバイトをさせていただいております。

 

まさか自分が巫女をやる日が来るとは、夢にも思っていませんでした……!笑

 

 

というわけで、初々しくて可愛らしい学生さんに混ざって、2018年は神社で年越しをした紺野です☆笑

 

そしてなんというか……、本当に幸せでした(笑)

 

大好きな神社で、神様のお傍でお仕事ができるって、とても贅沢でいいなぁと思って。

 

それなりの寒さでしたが、ぜんぜん苦ではなく。

(もちろんしっかり防寒しましたし。笑)

久々の接客も楽しくて、朝日が昇るまでお札やお守りに囲まれて過ごしました!

 

 

それでね。

こうして考えてみると、大好きな場所で仕事ができるって、それだけでかなり幸福度が高いです。

 

何事もモチベーションって大事だと思いますが、お仕事できることに「喜び」がセットになると、自然と「おっし頑張るぞ!」って気合も入ります!

 

逆に、仕事をする場所をいかにして「大好きな場所」にできるかって、重要なことなのかも……なんてことを考えました。

 

その「大好き」の判断基準は、仕事内容に誇りを持てるかどうかとか、一緒に働く人が好きかどうかとかでもいいですし……。

 

逆の発想で、デスクを超自分らしく整えたりして、幸せな気分で仕事できる環境にしちゃうっていうのも、「大好きな場所」にする一つの工夫かもしれません。

(周りに迷惑をかけない程度にですよ?笑)

 

とにかく仕事っていうのは、決して楽しいばかりだったり、楽なものばかりだったりするものじゃありませんよね。

時には辛いなぁとか、大変だなぁとか、そういった状況があるものだと思います。

 

でも、そういう時だって、そこがなんらかの理由で「大好きな場所」なら、人間頑張りが効くというもの!

 

私の普段の仕事場はパソコンの前ですが、そのデスクには大好きな植物とかを置いたり、アロマオイル常備していたり、いつでもリフレッシュできるようにやってます☆

 

自由にさせてもらえて感謝(笑)

 

そして昼休みに神社に出掛けたり、今回みたいに神社でご奉仕させていただいちゃったりすれば、もう人生それだけでかなり幸せ。

 

 

神社の内側の人間として過ごすというのは、もちろん責任も大きいです。

 

あくまでも「神様」にお仕えするのがおつとめなのですから。

 

神社の印象をよくするも悪くするも、そこにいる人間次第なのです。

 

昨年末には富岡八幡宮で痛ましい事件がありましたが、一番やってはいけないのは、神様に仕える人間が、神様やその神社の顔に泥を塗るようなことだと思います。

そんなことをするくらいなら、せめて先に神様のそばにいることやお仕えするのをやめて、ただの人になってからにしてほしかった……、と考えずにはいられません。

 

人間は、自分のためだけの欲に翻弄されるとどこまでも愚かなことをしてしまうのですね……。

 

まだ、私はあと数日ご奉仕させていただきますので、気を引き締めて、でもめちゃめちゃに楽しみながら(笑)頑張ろうと思います!