紺野うみの神社と書くこと、生きること

心理学系ライターによる、神社と書くことなど、趣味全開ブログです☆

仕事の価値

 

こんばんは、紺野うみです。

 

先日、以前お手伝いさせていただいたお仕事の方からご連絡がありました。

それがありがたいことに、「また手伝ってくれないか」というお声がけだったんです。

 

私、いつも思うんですけど、これが何よりも嬉しいです。

本当に、心から幸せだなって思う。

 

仕事の価値って、人から「求められるかどうか」だと感じていて。

なんでもそうなんでしょうけど、仕事っていうのは特にお金をいただくわけですから、いわば自分の存在で人を幸せにするようでなくてはいけないなと。

どうしても人間って、自分のやることなすことが「独りよがり」になってしまいがちだと思いませんか?

私も未熟なんでよく反省するんですけど、自分視点になってしまうんです。

油断するとすぐに!笑

でも、こと「仕事」については特に「独りよがり」ではいけないと、そう強く念じている部分があります。

 

私は一度自分で道を定め直してからは、なおさら人や世の中の「役に立ちたい」って思うようになりました。

でも、それは「自分にできること」であって、等身大の自分が人に貢献できることであればいいんです。

どんなことでも。

無理して背伸びしたり、自分を偽ったり飾ってまでやることではないのですけど。

それをすると自分が苦しいので、人のことまで考える余裕がなくなって、人に幸せをあげるどころじゃなくなっちゃうんですよね……。

 

でもどんな形であれ、「世のため」「人のため」に頑張ることは、巡り巡って「自分のため」にもなっているんだって気がついたので。

 

だって、「あなたの働きがよかった」とか「あなたの仕事ぶりが好きです」と仰っていただけることって、それだけでとても幸せなことじゃないですか。

 

そんなお声をいただいた時は、「答え合わせ」をしてもらえたような気持ちになるんです。

「あぁ、よかった、喜んでいただけたんだなぁ」と。

 

自分の存在が、そして仕事が、周りの人に喜ばれたからこそ「またお願いします」ってなる。

だから、そうやって認めてくださったり、またお仕事を任せてくださる「リピーター」にあたる方々って、どんな業種であっても本当に大切にするべきだと思います。

 

これからも、どんなお仕事だって、ご縁をいただいたら一生懸命やりたいです。

「求められる」もの、そしてできれば「それ以上」をお返しできるように。

 

それには、まだまだ修行が要りますけどね(笑)

うん、しっかり頑張ろう!